• カウンセリングの流れ
  • 料金・スタイル
  • 地図・アクセス
  • 当ルームについて
  • 予約・お問合せ

当カウンセリングルームの役割

「カウンセリングルーム」には、"心理療法"を行っている所と"カウンセリング"を行っている所、その両方を行う所があります。
書物などによって表現は異なりますが、おおまかに区別すると、"心理療法"とは、「心理的障害をもつ方のためにそれを除去するよう援助していく」こと、"カウンセリング"とは「問題を抱えた健常者の行動や関係性を変容させていくよう援助する」ことです。方法に大きな差はありませんが、"心理療法"では、"カウンセリング"よりもより専門的な援助を行っていくところというふうにお考えください。
当カウンセリングルームは、"心理療法"と"カウンセリング"の中間の役割を担っています。
対人関係の悩みや、コミュニケーションの改善、目標に向かって意欲を高める、などの援助に加え、医療にかかっている(カウンセリングの許可を受けている)方、うつ病などによる休職期間の過ごし方、復職支援などの援助を行っていきたいと考えています。どんな悩みでも、まずは相談にいらしてください。

>>個人情報保護方針・守秘義務

カウンセラー紹介

臨床心理カウンセラー 岩崎 弥津子
臨床心理カウンセラー
岩崎 弥津子

公認心理師
日本心理学会正会員
日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー

■プロフィール
医療提携カウンセリングルーム 心理カウンセラー(2008.4~2011.3)   

提携医院通院中の方のカウンセリング他、他医院通院中の方のカウンセリング
およびカウンセリングのみの方を担当。
支持的療法、認知行動療法、うつ病の復職支援ほか、リラクゼーションの指導などを行う

カウンセリングルームを開設(2011.8~)

私は、一般企業において技術職として、仕事や納期に追われる日々を過ごしたことがあります。「人のこころのありようとは」そして「生き方とは」 私にとってもこれからの人生の課題です。
社会の中では、自分の思うとおりに行かないこともあります。やる気はあってもから回り。難しい人間関係もある、けれども簡単には会社を変えるわけにはいかないのです。そして、追い打ちをかけるように現代という社会は、不景気で不自由でストレスフルな状況にあります。
「永田町カウンセリングルーム」は、「生きる」中で様々な葛藤を抱える、みなさまのこころを少しでも支えるためにお役にたてたら良いなと思っています。

カウンセリングルームはまだまだ敷居が高いという印象を持たれている方もいる思いますが、「誰にもいえない」「自分で対処しなければいけない」そんなふうに思ってしまう状況は、社会生活の中ではとても多いと思うのです。
「話をきいて、理解してくれる」そんな人がいるだけで、とても心が軽くなる、そんな感じを皆様に感じていただきたくて、カウンセリングルームをオープンすることにいたしました。
考えすぎないで、楽な気持ちでいらしてください。お待ちしています。

部屋の雰囲気

メキシコ大使館前の静かな永田町オフィスビルの一室です。
質素ではありますが、お越しになった方が落ち着いて過ごせるような居心地の良い空間を心がけております。

Q&A | うつ病について | 個人情報保護方針・守秘義務 | 東京・永田町こころのカウンセリングルーム 03-6206-1128(10時~18時)